会員登録 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

大分の観光、グルメならiナビおおいた。市町村特産品プレゼントなど会員特典もいっぱい

毎月会員限定プレゼント 
スポット

豊後国分寺跡

  • 市町村
    大分市
  • 住所
    大分市国分
  • 鉄道・バスでのアクセス
    JR豊後国分駅から徒歩2分
  • 概要
    聖武天皇の詔勅によって全国に建立された豊後国分寺の跡(国史跡)で、スギの大木やカシ、シイなどの樹木に囲まれた森の中にある。寺跡には薬師堂と観音堂が絶っている。全国的にみて、上野国、相模国と並んで三指に数えられる規模という。この広大な旧寺域と見られる約5万㎡の土地を、史跡公園して整備が進められ、その一角に、市立歴史資料館がある。

 

スポット詳細

関連イベント

地図

地図は,おおよその位置を表示しています.また,記載内容は変更されている場合もありますので,ご利用の際は必ず事前にご確認ください。

クチコミ情報( 1件 )

豊後国分寺には、天平時代に造られた七重の塔の礎石が天平時代のまま、残っています。100cmx150cmの礎石が9こ、300年前(江戸中期)に建てられた観音堂を取り巻く形で残っています。この礎石は阿蘇の凝灰岩でできていますが、
地元では「もがさ石」と呼ばれています。「もがさ」とは天然痘のことで、天平時代にも奈良の都で天然痘が流行したため、
天然痘を鎮めるため、「もがさ石」を礎石にしたとも伝えられています。

クチコミ情報を投稿する