会員登録 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

大分の観光、グルメならiナビおおいた。市町村特産品プレゼントなど会員特典もいっぱい

毎月会員限定プレゼント 
スポット

咸宜園教育センター

  • 市町村
    日田市
  • 住所
    大分県日田市淡窓2-2-18
  • (電話番号1)
    0973-22-0268

 

スポット詳細

1817年より日田市豆田町出身の儒学者「廣瀬淡窓」によって開かれた近世日本最大規模の私塾「咸宜園」の見学ができ、解説案内をする施設です。
また、咸宜園や廣瀬淡窓、門下生等に関する調査研究を行っています。

平成27年4月に「咸宜園」や塾と共生したまち「豆田町」などの教育遺産が国(文化庁)が創設した初の「日本遺産」に、
大分県日田市・茨城県水戸市・栃木県足利市・岡山県備前市の4市とともに「近世日本の教育遺産群」として認定されました。

【咸宜園とは?】
豆田町出身の儒学者「広瀬淡窓」が創設して近世日本最大規模の私塾です。
「咸宜園」という塾名は中国の古典である詩経から出た言葉で、“ことごとくよろし”という意味があります。
これこそが淡窓先生がめざした咸宜園の教育方針、平等主義です。

また、徹底した実力主義と学力を客観的に評価した「月旦評(げったんひょう)」、熟成に自治を任せ、社会性をみにつけさせるなどの独自の教育方法が評判となり、全国から5,000人を越える入門者を集めました。

【日本遺産とは?】
文化財を活用し、観光振興や地域活性化を図ることを主な目的として、文化庁が平成27年度から創設した制度です。
地域に根付き、世代を超えて受け継がれている歴史的魅力にあふれた文化財群を、共通のテーマごとにまとめ、我が国の文化・伝統を誇る「日本遺産」として認定するものです。
日田市の「咸宜園跡」、茨城県水戸市の藩校「旧弘道館」、岡山県備前市の「旧閑谷学校」などと共に「近世日本の教育遺産群・学ぶ心・礼節の本源」として認定されました。

  • 備考
    【休館日】毎週水曜日/年末年始

関連イベント

地図

地図は,おおよその位置を表示しています.また,記載内容は変更されている場合もありますので,ご利用の際は必ず事前にご確認ください。

クチコミ情報を投稿する